超微量分析のご紹介 「JIS K0557-1998 用水・排水の試験に用いる水 A4の水の分析」

JIS K0557-1998 用水・排水の試験に用いる水 A4の水の分析が可能です。

その他、日本薬局方、各種海外規格に基づく分析もお気軽にご相談ください。


超純水分析(金属1ppt,陰イオン10ppt,シリカ50ppt)も承ります。

 

<分析事例>

 

項目

 

単位

種別及び質

定量下限値

(例)

1

2

3

4

電気伝導率

mS/m (25)

0.5以下

0.1以下

0.1以下

0.1以下

有機体炭素(TOC)

mgC/L

1以下

0.5以下

0.2以下

0.05以下

0.005

亜鉛

μgZn/L

0.5以下

0.5以下

0.1以下

0.1以下

0.01

シリカ

μgSiO2/L

50以下

5.0以下

2.5以下

1

塩化物イオン

μgCl-/L

10以下

2以下

1以下

1以下

0.1

硫酸イオン

μgSO42-/L

10以下

2以下

1以下

1以下

0.1

詳しくは以下にお問い合わせください

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651
ホームページはこちら

お問い合わせは こちら
カテゴリー: 環境測定 | 2018 年 3 月 16 日 金曜日

製品から発生する「におい」の評価事例ご紹介~簡易トイレのアンモニア発生抑制試験~

製品(家電等)、塗料、廃棄物、材料等から発生するにおいの強さや成分確認や、脱臭装置、オムツ等の消臭効果の確認などお客様ごとに“最適なにおいの評価方法”を提案いたします!

■においの評価の基本フロー

1.事前打合せ

2.評価方法の提案

3.評価実験の実施

3-1 評価するにおいの調製及び採取

・臭気評価実験装置等で発生させた空気(におい)を採取

(温湿度、物質濃度等の評価条件は、お客様ごとに設定可能です)

3-2 においの評価

《機器分析による評価方法》

・GCMS等による物質の成分分析

・ニオイセンサーによるニオイレベル

・特定悪臭物質(22物質)  等

《人の嗅覚による評価方法》

・臭気指数(濃度)、臭気強度、快不快度 等

4.評価結果の報告

 

■評価事例

「簡易トイレのアンモニア発生抑制試験」

近年、介護の現場や病院などにおいて、簡易トイレやおむつなどの需要が非常に高くなってきております。また、災害時にはライフラインの供給がSTOPするのと同時に排泄物などの下水道のラインもSTOPしてしまい、こちらの現場でも簡易トイレが非常に活躍することとなります。そこで問題となってくるのが簡易トイレ使用後の排泄物から発生するアンモニアの臭気です。近畿分析センターでは、お客様よりご相談を受けまして、人工尿から人工的にアンモニアを発生させことにより、簡易トイレ(吸水シート)おけるアンモニア発生抑制試験を行い、開発検討のお手伝いをすることができました!

臭気問題でお困りの方も、ぜひお問い合わせください!

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651
ホームページはこちら

お問い合わせは こちら
カテゴリー: 環境測定 | 2018 年 1 月 30 日 火曜日

発生ガス分析-質量分析法(EGA-MS)によるアウトガス分析のご案内

樹脂等の高分子材料について開発・解析を行うためには、熱分解挙動及び熱分解生成物等の情報を得ることが重要となります。当社では、プログラム昇温可能な熱分解装置(ダブルショットパイロライザー)を用い、発生ガスプロファイルの測定及びアウトガスの成分分析が可能です。

分析事例:ポリカーボネート(PC)のアウトガス分析

分析の結果、ポリカーボネートは約440℃~600℃において熱分析が発生し、その熱分解生成物の主要成分は、ビスフェノールA,メチルフェノール等であることが確認されました。

当社保有のWショットパイロライザーは、2段階昇温の設定が可能ですので、EGA-MS分析により2段階の分解燃焼が確認された場合、各温度領域におけるアウトガス分析にも対応可能です。

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651
ホームページはこちら

お問い合わせは こちら
カテゴリー: 材料分析 | 2017 年 7 月 25 日 火曜日

~クリーンルーム清浄度検査~横型空調方式のHEPAフィルターリーク検査装置を新たに開発!

~クリーンルーム清浄度検査~

横型空調方式HEPAフィルターリーク検査装置を

新たに開発!

 

従来のクリーンルームの空調方式ではダウンフロー方式が主流でありましたが、近年省エネルギー化、省コスト化がすすみ、横型空調方式のニーズが高まってきております。そこで、近畿分析センターではいち早く横型空調方式のフィルターリーク検査装置を開発し、横型空調方式にも対応できるようになりました。

この検査装置の開発により、手動でのリーク検査と比べ、精度も向上し検査時間が大幅に短縮され、様々な大きさや空調方式のリーク検査が対応可能となります。

 

 

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651
ホームページはこちら

お問い合わせは こちら
カテゴリー: 材料分析 | 2017 年 6 月 7 日 水曜日

土壌汚染対策法 クロロエチレン(塩化ビニルモノマー)の調査・分析は当社お任せください!!

土壌汚染対策法 クロロエチレン(塩化ビニルモノマー)の調査・分析は当社にお任せください!!!

 (土壌ガス・溶出試験・含有量試験・地下水)

土壌汚染対策法施行規則が平成29年4月1日付で改正され、規制対象物質として新たにクロロエチレン(別名:塩化ビニル又は塩化ビニルモノマー)が追加されました(特定有害物質は計26物質となります)。

 当社では既に官公庁よりご依頼を受け、土壌ガス採取・分析の実績を有しております。

 

 クロロエチレンの基準値等は下表の通りです。

項目

クロロエチレンの基準値

土壌ガス調査における定量下限値

0.1volppm

土壌溶出量基準

0.002mg/L以下であること 

土壌含有量基準

地下水基準

0.002mg/L以下であること

第二溶出量基準

0.02mg/L以下であること

 土壌汚染対策法では以下のようになります。

①土壌汚染対策法第3条(特定施設廃止)

 平成29年4月1日以降に有害物質使用特定施設を廃止した場合には、クロロエチレンが調査対象として追加されます。

 但し、法3条第1項ただし書に基づき、土壌汚染状況調査の猶予を受けている土地は、都道府県知事の確認が取り消された時点で、クロロエチレンが調査対象として追加されます。

②土壌汚染対策法第4条(一定面積以上の形質変更)、第5条(調査命令)

 平成29年4月1日以降に調査命令が発出される場合は、クロロエチレンが調査対象となります。

  平成29年4月1日の段階で、既に法に基づく調査・措置を着手・継続している場合は、新たにクロロエチレンに関する追加対策を行う必要がありません。

 なお、クロロエチレンはテトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,1,2-トリクロロエタン、シス-1,2-ジクロロエチレン又は1,1-ジクロロエチレン(以下親物質という)の分解生成物としても生じます。

 そのため一旦親物質で区域指定・措置の後区域指定が解除された土地について、改めて調査契機が生じた場合は、措置の種類によってクロロエチレンによる汚染のおそれがあるとみなされる場合があります。

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651
ホームページはこちら

お問い合わせは こちら
カテゴリー: ご案内 | 2017 年 5 月 16 日 火曜日