[廃棄物分析] 安心して自然と触れ合うために

  1. HOME
  2. 環境測定 [廃棄物分析]

廃棄物分析

試験方法

溶出試験(灰類、スラグ、汚泥等)
廃棄物から溶け出した有害物質の量を測定する方法です。
含有試験(灰類、スラグ、汚泥、廃酸、廃アルカリ等)
廃棄物に含まれる有害物質の量を測定する方法です。

トランスPCBについて

「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」(平成13年7月15日施行)に基づき、PCB廃棄物(処理基準0.5mg/kg以下であるか確認の上)を保管している事業者は毎年度PCB廃棄物の保管・処分の状況を届け出ると共に2016年7月15日迄にPCBの完全処理が義務付けられました。

溶出試験
溶出試験
含有試験
含有試験
豆知識

産業廃棄物を処理するには・・・

工場や事業所などから発生する産業廃棄物を処理する場合、事前に有害性を調査する分析を行う必要があります。

【関係法令】
  • 廃棄物の処理及び清掃に関する法令
株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651 担当:馬渕・児島
お問い合わせは こちら
ページの先頭へ