[作業環境測定 等] 労働者の健康を守るために

  1. HOME
  2. 環境測定 [作業環境測定 等]

作業環境測定 等

作業環境測定は、労働者の作業環境の状態を的確に把握し、その測定結果を基に作業環境の改善を推進し、労働者の健康障害を未然に防止するために行う測定です。また、作業環境管理推進のための重要な情報を得る手段となります。

測定内容

作業環境測定
1号/
土石、岩石、鉱物、金属または炭素の粉じん
3号/
特定化学物質
(金属類を除く第1類または第2類物質:塩素、弗化水素、ホルムアルデヒト等)
4号/
金属類
(鉛および特定化学物質の第1類または第2類の金属類:水銀、ひ素、インジウム等)
5号/
有機溶剤(第1種または第2種有機溶剤:トルエン、キシレン、メタノール等)
豆知識

作業環境測定の実施

第1の原則
安衛法第65条第1項
粉じん、有機溶剤などの作業場について、法定回数測定し、記録を法定年数保存する。
第2の原則
安衛法第65条第2項
作業環境測定基準に従って測定する。
第3の原則
作業環境測定法第3条
指定作業場については、作業環境測定士または、作業環境測定機関に測定させる。

 

[作業環境デザイン図](イメージ)
[作業環境デザイン図](イメージ)


ガスオートサンプラーによる自動GC分析
ガスオートサンプラーによる自動GC分析
ガスオートサンプラーによる自動GC分析事例
ガスオートサンプラーによる自動GC分析事例

作業環境測定フロー

【関係法令】
  • 労働安全衛生法
局所排気装置自主検査

フードの制御風速、抑制濃度の測定及び各装置の性能検査等

室内空気汚染調査

シックハウス等の化学物質調査、新築・改装後の室内空気評価を、法律、指針、通知及び厚生労働省の室内空気中化学物質の標準的測定方法などにより行います。精密・簡易測定など、多様なご要望に対応します。

事務所則

浮遊粉じん量・一酸化炭素・二酸化炭素・照度等

騒音障害防止のためのガイドライン

作業場の騒音測定

株式会社近畿分析センター
滋賀県大津市晴嵐二丁目9番1号
お気軽にご相談ください 077-534-0651 担当:馬渕・児島
お問い合わせは こちら
ページの先頭へ